輸入洋酒のエルアールテクノ|メスカルをはじめ欧米で人気の洋酒をお届け輸入洋酒のエルアールテクノ|メスカルをはじめ欧米で人気の洋酒をお届け

カテゴリー: ブログ

お正月

今年も正月食べ過ぎました。このままでは丑になる😵
日本に帰ってきて3年目です。10kgくらい太りました。日本の食べ物は美味しいいやwww  私が日本人だから、生まれ育った食べ物は美味しいのあたりまえ!!
メキシコ料理もとても美味しい♬

タコスならパストールが大好き↓ 

辛いサルサをかけてもパイナップルの甘味と酸味で辛さを緩和してくれます。


日本の正月の食べ物は
お節、お餅、お雑煮
遊びは
凧、羽付き、書初め?(遊び???) 福笑い? 福袋、コマ
などなど。
今回は、メキシコの食べ物ではなく日本のお正月に遊んだオモチャ「コマ」を紹介したいっと思います。
スペイン語では Trompo (読み方:トロンポ) Pirinola(読み方:ピリノラ)
いろんな形がある


最近の日本では「ベイブレード」。昔は「ベイゴマ」?男の子は、今も昔も形は違うけどコマで遊ぶようだ。メキシコでも、ベイブレードで遊ぶメキシコ人のビデオを良くYouTube で良く見ることがある。日本の文化好きオタクメキシコ人はここまでいるんだと感心してしまう。


メキシコでは、日本同様にコマで遊ぶ子供はいなくなってきたのかな。

メキシコの家族

男の子の家族では子供が「パパ!コマ回して」せがむけど、パパは自分のパパ お父さんに頼み子供のおじいちゃんがコマを回してみんなで楽しみます。パパは、「やっぱり親父は一番だな〜」思う構図がメキシコの家庭のように思います。

あけおめ!

Felis Ano Nuevo 読み方:フェリス アニョ ヌエボ 

この意味は、スペイン語で「明けましておめでとうございます」です。

今回は、せっかくなのでメキシコの新年についてちょっと触れちゃいます。

メキシコは、宗教 カソリックが90%をしめます。そのためクリスマスは、絶対に家族と過ごす反面、12月31日は、お友達とパーティーをして過ごす人が多いようです。

でも、やはりカソリックの国!!31日は、ちゃんと教会に行ってミサに参加をする。

教会

最近の若者は教会へ行く頻度も減っているように見えますが、やはり神聖な場所として自分なりに敬意を払っているようです。

教会のことはさておき、12月31日に必ず行うイベントでとても印象的なことが一つあります。

12月31日の夜中12時になる前、教会の鐘が12回なります。

その12回の鐘の音に合わせてブドウを1つぶづつ食べます。

では、なぜ12個?

創造が出来ると思いますが、1年12か月の「12」

12つぶのブドウ食べるときに心の中で願い事をいいながら1つぶに1願い事をします。

なので、私も今年メキシコの家族と一緒に12個食べお願い事もちゃんとしました。

2021年はいい年になるといいですね。

ちよどり

ハミングバードって英語では言いますよね。

じゃあ、スペイン語では??


Colibri    (コリブリ)


かわいらしい名前。
日本では見たことない。ちっちゃな鳥。
羽を蜂のように、早く動かしちょこちょこ飛んでいる感じ。

家の軒先に砂糖水をいれた容器をぶら下げていると、砂糖水を飲みに集まってくるんです。警戒心が強いのでこの写真は、見てないふりをしてフラッシュをたかずにパッシャっと撮った絶妙な1枚!!

メキシコは、自然の大きさを感じます。

公園に行けば、リス。地方に行くと、イグアナも見たことがあります。

そろそろクリスマス

そろそろクリスマス

コロナの感染者が毎日増えていろんな事が心配な毎日。
でも今週は、クリスマス。
メキシコでは、ロックダウンになり都市では、行き交う人々がいなく車さえほぼ走ってないっという。
日本は忘年会シーズン‼️メキシコもポサダ(年末パーティー)で、毎日のように、たくさんの人がパーティーの時。どこの国もコロナで静かな12月になっているようです。
メキシコのクリスマスについて、ちょっとだけ話したいと思います。


メキシコのクリスマスと言うと、カトリックのお国なので、クリスマスはとても大切な日。
クリスマスは、大切な家族と温かいメキシコの伝統的な料理食べて過ごします。
メキシコでは絶対な常識です。クリスマスは、家族で過ごします♥️

ロメリトス

ロメリトス:見た目カレーのルーのようなモレ。モレは甘くないチョコレートをチキンストックでのばし、おかひじきとエビなどと煮ます。

バカラオ

バカラオ:干した鱈を水で戻し、てで、身をほぐし、オリーブオイルでニンニクや玉ねぎを炒めたところにほぐした鱈とトマトスープを入れて煮ます。


お母さんが、大きな土鍋で作るロメリトスやバカラオをクリスマスが終わっても、次の日も、また次の日もなくなるまで家族で食べるんです。
クリスマス後、お母さんはご飯を作る手間がなくなり、みんなでのんびり出来るみたいですよ。

クリスマスが待ちきれない~!!!

2回目のブログ

私は、8年間メキシコに住んでいました。

メキシコに住んでいた最初のころは、ブログを書いてました。少しずつ忙しくなる毎日でブログが自然に終わってしまった。。

そのブログはよくあるメキシコの生活を紹介していました。

今回も、そのころを振り返り少しづつメキシコを説明していこうと思います。

メキシコには、最初3週間旅行に行った。

グアダラハラ、グアナファト、サンミゲル レジェンデ、テキーラ村、カンクンなど。

その後、半年後にメキシコグアダラハラに引っ越しちゃいまいた♬

グアダラハラと言えば、メキシコ第2の都市。

有名なものと言えば、私が一番の印象に残っているのは

「マリヤッチ」

マリヤッチ(画像はウィキペディアから参照)

トランペットが最初に響き、バイオリンがメローディーを作りアコーディオンとギターがテンポよく鳴り響く元気になる音楽。

ディズニー映画「リメンバー・ミー」のあの音楽

マリヤッチをオープンカフェの店先でビールを飲みながら聞きたいわ~!!

メキシコは、スペインからの独立の時に革命家として今でもメキシコのお札に印刷されているこの人

「ミゲル・イダルゴ」

グアダラハラの博物館の壁画や、天井画に書かれている。力強いこの絵

ミゲル・イダルゴ

メキシコ人の力強さや、歴史を印象付ける大迫力!!

このスタイルの絵画は、メキシコシティにある、チャプルタペック城にもあります。

まずは、グアダラハラをサラッと紹介してみました。次回もこんな感じで書いていきます♬♬♬

会社名「LRT」です。

会社の説明をしたいと思います。

LRT(エルアールティ)といいます。

メキシコのお酒を中心に海外のお酒をインターネット販売している会社です。

RTLのロゴ

メキシコって、どこ?メキシコって何?って?? 

メキシコのお酒ってなに???

少しづつ紹介したいと思います。

まずは、ここでちょっと紹介!日本初上陸のメキシコのお酒を紹介します。

名前は、「プンタ・レアル」メスカルです。プレミアムなお酒なんです。

メスカル「プンタ・レアル」

このお酒は、酒造が大切に手をかけ作ったこだわりのお酒です。

銅製の窯で3回蒸留させた。

ワイルドベリーや柑橘系フルーツと蒸留して

最後の蒸留で七面鳥の胸肉と一緒に蒸留した。

こんなこだわりなお酒は、まずストレートで味わってみてください。

アルコール度数40%なので、飲み過ぎ注意です。

販売は、近日発売!!!

ホームページを開設いたしました。

LRTは日本ではまだ珍しい、しかし海外では人気のあるお酒を輸入販売しております。
メキシコのお酒を中心に、最近人気が出てきた「メスカル」やトレンド入りしている「テキーラ」など順次追加予定です。その他、台湾、スペインなど海外のお酒でご自宅でお楽しみください。

TOP